余っているワイルドカードは最新セットに使おう

画面上部の蓮アイコンにカーソルを合わせると、持っているワイルドカードの枚数が表示されるが

f:id:argus-battle-net:20190630162452p:plain

課金していると、コモンとアンコモンワイルドカードが余り始める。

で、大した違いはないのだが……どうせ余っているなら、最新セットのコモンとアンコモンに注ぎ込むと良い。
4枚揃った状態で5枚目を入手した時に「宝箱の進行度」が進むので、早く宝箱を貰うことが出来るようになる。

f:id:argus-battle-net:20190630162737p:plain

まあ……本当に大した違いが無いのだが。

カードを揃えた人が嫌いなの? っていうぐらい宝箱とジェム返金のレートは低い。

Core Set 2020 インスタント要素まとめ

ざっくりまとめ

コモンのコンバットトリックは

白は2マナで +2/+2(勇壮の時)

青は3マナで -4/+0(混迷)

黒は2マナで接死付与(焼印刃)(アンコモンに1マナ-2/-2あり)

赤は1マナで +3/+2(立腹)

緑は2マナで +3/+3(成長周期)

「急報」もある意味 2/2 なので、+2/+2を警戒しておけば大体問題ない。
BO3では「解呪」が2戦目から入ってくる可能性が高い。

アンコモンの「神々の思し召し」で色付きの装備品を外してくる可能性がある。

「送還」と「混迷」はよく使われるだろうが、警戒しようが無い場合が多そう。
瞬速クリーチャーもスタッツが 2/1 と小さいうえに、生き残らせたい能力なのでコンバットトリックで使われるとは思えない。

結論としては、3、4マナのカウンターをケア出来れば十分だろう。
強力なシステムクリーチャーを出しているなら、「手慣れた複製」までケアして殺されないようにプレイングした方がいいかもしれない。

「焼印刃」と「見栄え損ない」がプレイングに大きく影響する。

「見栄え損ない」はアンコモンなので、ケアを諦めても大丈夫な可能性は高い。

1マナ2点(ショック)と4マナ4点(チャンドラの憤慨)のケアが最重要になる。両方コモンである。

インスタントタイミングに限らない話だが、対戦相手がタフネス3以上のクリーチャーを並べていたら「炎の一掃」を警戒する。

あと「立腹」の修正値が +3/+2 で、他の色の多くが +2/+2 なのと比べてパワーが1点大きいのに注意。

最重要なのは2マナの +3/+3(成長周期)。アンコモンだが1マナの「大群の力」も警戒すべき。

3マナの+2/+2(残忍な発動)はエンチャントで残るので、赤を使っているなら火力呪文をスタックして除去したいところ。

「夜群れの伏兵」はレアなので出されないのを祈ろう。対処方法を思いつかない。

BO3なら2戦目以降は「垂直落下」と「自然な最後」が出てくる。

 

Core Set 2020に目を通した日記

フルスポイラーが出たので目を通してみた。

https://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/core-set-2020

英語ページを見る方法をすっかり忘れていて、チラッと見えた瞬間に日本語ページに飛ばされる挙動にキレちらかしたんだけどページの一番下で設定するんだった

f:id:argus-battle-net:20190627202236p:plain

色々集計したかったのでスプレッドシートにメモした。

CORE SET 2020 - Google スプレッドシート

点数付けはする必要なかった。
Core Set 2019のリミテッドは、単体のカードパワーが重要だったけど、2020はデッキアーキタイプが重要になりそう。

アーキタイプを強そうな順に並べると

  • エレメンタル
  • 飛行
  • クリーチャーの総数
  • トーク
  • ライフを得る

かなあ。チャンドラ優遇が露骨!

合ってるかは自信がないが、集計してみたところ各希少度の数は以下の通りで

f:id:argus-battle-net:20190627205323p:plain

レアカードをシールドだけで全て4枚集めるシナリオを概算で考えてみる。
(シールドの内容は灯争大戦と同じとする)

必要なレアカードの枚数は 52 * 4 = 208枚

シールド1回で手に入るレアカードの枚数をワイルドカードを考慮せずに求めると
シールド構築用が6パック、報酬3パック、レアと神話レアの比率が 0.875:0.125なので

(6 + 3) * 0.875 = 7.875枚

入手したパックの開封を最後に回すことで、シールド構築時に5枚目のレア入手はほとんど発生しないと仮定すると、必要なシールドの回数は

208 / 7.875 = 約26.4回

シールドの戦歴が全て3勝3敗だとすると

800 * 26.4 = 21120ジェム

で全てのレアカードが揃う。

実際には毎週/毎月の報酬でパックがもらえるし、ゴールドでパックが買えるし、ジェムがあるならマッチ・ドラフト(BO3ドラフト)で遊ぶことも出来るし、ワイルドカードを余らせる事になるので、もっと少なくていい。

 

この話の何が重要なのかというと、ジェムでパックを買った場合と比べてカード資産の量が倍以上違うところ。

2万ジェムで100パック買い、ワイルドカードへの変化を考慮せずに手に入るレアカードを数を求めると

100 * 0.875 = 87.5 枚

になるが、2万ジェムをシールドに全部使っていたら、前述した通り全種類4枚ずつの208枚がほぼ揃っているのだ(パックを開けるのを最後にすることを忘れないこと)

パック開封時のワイルドカードメーターが、ジェムでパックを買う場合の有利な点だが、シールドに2万ジェム注ぎ込んで、25回シールドをやったと仮定すると

25 * 3 = 75パック

開けられているわけで、25パック分しか違いがない。

 

 

 

とりあえずランク戦ドラフト:『灯争大戦』をやった日記

ブロンズだからか、構築の甘い対戦相手が多く初見は7勝。
まあゴールドになった辺りから勝率悪くなるのがいつものパターン

f:id:argus-battle-net:20190512131841p:plain

 

相手をしていて「それは不味いよお」とよく思うのが、1ターン目から一直線に相手のライフを削りきるようなデッキでは「ない」のに、下記のようなクリーチャーを入れているパターン

f:id:argus-battle-net:20190512132258p:plainf:id:argus-battle-net:20190512132328p:plain

このあと「永遠衆の監督官」や「灯を刈り取る者」が出てきたりする。占い師系の1/3クリーチャーに止められて、ライフレースのプレッシャーが消える。

f:id:argus-battle-net:20190512132741p:plainf:id:argus-battle-net:20190512132824p:plain

ドラフトの都合もあるけど、全てのマナ帯で評価が高いカードをまんべんなく取っても勝てない拡張セットだと思う。

自分はアグロデッキを組むなら、こんなカードを取るのも検討する。

f:id:argus-battle-net:20190512133540p:plainf:id:argus-battle-net:20190512133610p:plain

「サルカンの浄化」を2枚デッキに入れていれば、ターンをもらう時と、ターン開始時で突然10点喰らわせる可能性もあるわけで「アグロデッキに入れるなら」いいカードだ。

「叫ぶ落下兵」は見るからに弱いカードだが、「サルカンの浄化」が止めになると期待するぐらいのアグロなら、速攻付きの2点クロックが勝利をもたらしてくれる。

逆にいうと、このぐらいやらないとアグロは勝てない環境なわけで、まあアグロは不人気になるよねっていう。

とりあえずラヴニカ構築やった日

1時間ぐらいしか遊ぶ時間が無いのにシミックネクサスとか使う奴はキエエエエエ(威嚇)という気分になっていたところArena Decklistsにいいデッキが載っていた。

3マナテフェリーで倒せるからネクサスは問題なし! みたいな感じなのだろうか。
まあ勝てるけどさ。そんなゲームデザインでいいのか。
もう次の基本セットが近づいているらしいが。

 

ラヴニカ構築

f:id:argus-battle-net:20190511135858p:plain

いえーい60Gem~
安いけどまあ、のちの課金の足しになると思えば宝箱進行度よりは悪い気はしない。
(昔はレア以上も宝箱進行度だったのだ。しかもパックから5枚目のレアが普通に出る)

f:id:argus-battle-net:20190511140404p:plain

f:id:argus-battle-net:20190511140431p:plain

2つのデッキでどっちも5勝1敗。
大した完成度でないけど勝っているのは、対戦相手も試行錯誤中だったからだなあ。

マッチ構築戦をやる日記

 

エスパーミッドレンジ

Goldfishで見たやつ。
https://mtgarena.pro/deckbuilder/1144a59fcc8e71f/

f:id:argus-battle-net:20190506090341p:plain

メインにリリアナ1枚、サイドにソリン1枚という慎ましいプレインズウォーカー量なのが強くもあり弱くもあり。

エスパー全般の問題として、ヴラスカの侮辱しかプレインズウォーカー除去のカードが無いというのがあるのだが、その問題を少ないクリーチャーでなんとか出来ないと負ける。

 

アブサンミッドレンジ

https://mtgarena.pro/deckbuilder/c90cccc838957a1/

メインにライラが入っているリストなので、白単・赤単にも勝てるだろうとBO1で試したが赤単に3連敗して失敗だった(1-3)

MTG Arena PROのメタ自動検出ページなんかを見ても分かる通り、BO1で白単・赤単以外のデッキを使う価値はほとんど無い印象。

f:id:argus-battle-net:20190506092123p:plain

f:id:argus-battle-net:20190506092458p:plain

どっちの負け画像でも墓地に探検で捨てたカードなどが5枚以上あってツイてないというのもあるのだが。
探検なんかに期待するより、初期手札補正だけを頼りにデッキ構築/マリガンするのが正しい。

半年以上前に把握したはずの仕様だったが、最近やってなくて忘れてた。

f:id:argus-battle-net:20190506114047p:plain

BO3で3-2。

赤タッチ緑単に対して、トルシミールを入れるかどうかで右往左往して負けるというプレイミスをしていて、それがなければ4-5勝出来ていたと思う。

野茂み歩きを育てて勝つプランを重視していなかったのも反省点。ゴルガリ相手のときはカード・アドバンテージを重視して抜いてしまうぐらいのカードだが、緑単相手ではライフもスタッツも重要なので大事にするべきだった。

ç¼ã®åããã«ã·ãã¼ã«

 

オルゾフナイト

https://mtgarena.pro/deckbuilder/0b50f423a929ed0/

MOの5-0リストから。明日以降使う予定。

総動員地区がコントロール相手にどう動くのか試してみたい。

 

競技メタゲーム・チャレンジをやる気にならない日記

 

灯争大戦のシールドをやり過ぎて競技メタゲーム・チャレンジをやる気にならなかった。やり過ぎた。

全部揃ったわけではないが、あと10枚もないだろう。リミテッドをやっている間、パックを開けるのを我慢しておくと揃うスピードが全然違う。いいんかこれ。

もう週間勝利ボーナスでレアが埋まるので、マッチ・ドラフトもやらないだろう。

 

ワイルドカードを全く使わず、シールド+パック開封で灯争大戦のレアをほぼ揃えた自分の神話レア所持状態は以下の通り。

f:id:argus-battle-net:20190505115526p:plain

紙のプレインズウォーカーデッキに入っているカードのほか、なぜかニヴ=ミゼット再誕も0枚。永遠神ロナスが4枚という所がうれしくない感じ。

 

バント神

新環境で自分がいろいろ試した中では、アリーナ上の成績はこれが一番いい。
以前のブログエントリで褒めたやつ。

https://mtgarena.pro/deckbuilder/d2ed7eb2c6f32f3/

クリーチャー除去を「牢獄領域」や「封じ込め」 に頼ることになるのだが、なんでかイゼットフェニックスが多くかえって勝率が良い。

苦手なのはシミックネクサス。最近は「根の罠」がメインに入っていて大変めんどくさい。