ドミナリア ドラフト カード評価改訂版 コモン編

ドミナリアのドラフトをやってみて、Tier分けし直した。
アンコモン編はこちら
神話レア/レア編はこちら

ダイヤ(強いカードの中でも強い方)

臓腑抜き/Eviscerate - MTG Wiki
除去は正義。しかもシングルシンボル。

シヴの火/Shivan Fire - MTG Wiki
除去は正義。

祝福の光/Blessed Light - MTG Wiki
除去は正義。マナコストが大きい代わりにシングルシンボル、かつインスタント。

ギデオンの叱責/Gideon's Reproach - MTG Wiki
除去は正義。マナコストが小さい代わりに4点まで。

氷結/Deep Freeze - MTG Wiki
ドミナリアの青の除去としては唯一なのでダイヤにした。
+1/+1 トークンが載っているクリーチャーを変化させると、+1/+1トークンが載って攻撃力があるDefender(防壁)になるので注意。

 

プラチナ(強いカード)

不純な捧げ物/Vicious Offering - MTG Wiki
除去は正義。

古えの憎しみ/Ancient Animus - MTG Wiki
除去じゃないけど緑の正義。

雲読みスフィンクス/Cloudreader Sphinx - MTG Wiki
青の優秀な 3/4 Flying

騎兵呼集/Call the Cavalry - MTG Wiki
白の優秀なトークン生成ソーサリー。

アカデミーの修士魔道士/Academy Journeymage - MTG Wiki
これだからAura(オーラ)は弱いんだよなーと思ってしまうカード。

一瞬/Blink of an Eye - MTG Wiki
Kicker起動すればキャントリップ付きになる偉いカード。
Kickerのマナコストを含めるとダブルシンボルなので注意。

苗木の移牧/Saproling Migration - MTG Wiki
トークン生成の最高峰。

馬上槍/Jousting Lance - MTG Wiki
コモンの装備品としては最高峰。 
タフネスよりパワーが大きいクリーチャーが多いなら評価は上がる。

這い回る偵察機/Skittering Surveyor - MTG Wiki
土地事故の確率を減らして勝率に貢献。

闇の取り引き/Dark Bargain - MTG Wiki
2ライフ減るのが結構気になるものの、インスタントで手札を増やせるのはとても良いし、ただの2ドローよりも優秀。

ペガサスの駿馬/Pegasus Courser - MTG Wiki
あっ突撃するロック鳥/Roc Charger だ。ドミナリアでも強い。

菌類感染/Fungal Infection - MTG Wiki
1マナで、タフネス1のクリーチャーを除去しながら 1/1 トークンを出せる。
エンチャントではなくインスタント呪文なのも偉い。

猛り狂い/Run Amok - MTG Wiki
序盤で強い赤を象徴するカード。2マナで +3/+3 出来るのは赤だけ。

 

ゴールド(強いカードの中では条件がある方)

ラノワールのエルフ/Llanowar Elves - MTG Wiki
1マナ大きいクリーチャーを召喚できるチャンスが激増する。
とはいえリミテッドでは構築ほどの効果は無い気がしてる。Kickerカードが少なくて、奇麗なマナカーブを描くデッキになったなら価値は下がるのではないかな。

アカデミーのドレイク/Academy Drake - MTG Wiki
青の優秀なKickerクリーチャー 2/2 Flying または 4/4 Flying
マナレシオ的な問題はある。青だと大抵気にならないが。

焦熱の介入/Fiery Intervention - MTG Wiki
除去だけどマナコストが高いのは気になる。出来れば他の色の除去を使いたいところ。
Historic(歴史的な)のためにArtifact(アーティファクト)は使われやすいのでそっちも期待できる。

ヤヴィマヤの苗飼い/Yavimaya Sapherd - MTG Wiki
3マナで 2/2 と 1/1 を出せるだけでも優秀で、そこにFungus(ファンガス)シナジートークンを活用できる可能性が乗ってくる。

守衛官/Sergeant-at-Arms - MTG Wiki
白の優秀なKicker付きクリーチャー。

死花のサリッド/Deathbloom Thallid - MTG Wiki
黒の優秀なクリーチャー。
こういうのを集められると、雑食のサリッド/Thallid Omnivore のようなカードも大いに活用できるようになる。

メサ・ユニコーン/Mesa Unicorn - MTG Wiki
2マナの白の優秀なクリーチャー。

要塞の聴罪司祭/Stronghold Confessor - MTG Wiki
優秀なスタッツではないが、Kickerが付いているため1マナのクリーチャーかつ3マナのクリーチャーとして扱える。

アヴナントの罠師/D'Avenant Trapper - MTG Wiki
激劣化 氷の干渉器/Icy Manipulator という感じの能力だが、逆に言うとHistoric(歴史的な)カードさえ手札に来ればIcy Manipulatorなのである。そして3マナ 3/2 もギリギリ及第点。
土地を16枚にしても問題ないような軽いデッキで特に強い。

混迷/Befuddle - MTG Wiki
キャントリップ付きでデッキに入れやすい。

  

シルバー(平均より少し上)

ベイロスの大喰らい/Baloth Gorger - MTG Wiki
緑の平均的なKickerクリーチャー 4/4 または 7/7。

ケルドの略奪者/Keldon Raider - MTG Wiki
赤の優秀なクリーチャー。ただしダブルシンボル。

ケルドの軍監/Keldon Overseer - MTG Wiki
7マナは重く、盤面が横並びで膠着していると使い道が無くなる可能性があるので注意。

不屈の意志/Adamant Will - MTG Wiki
平均的なコンバットトリック用のカード。

マンモスグモ/Mammoth Spider - MTG Wiki
3/5 Reach(到達)と優秀なスタッツだが、Defender(防衛)としての運用しか出来ない場合が多いのがちょっと評価を下げた。
出来れば他の色で、普通の飛行クリーチャーを取りたいところ。

中略/Syncopate - MTG Wiki
カウンターは強いが、マナを用意しないといけない不自由はある。

予言/Divination - MTG Wiki
ドローソースとして標準的な性能。

成長の資質/Gift of Growth - MTG Wiki
平均的なコンバットトリック用のカード。
緑によくあるTrumple(トランプル)のような能力すら無い大型クリーチャーを、隠しVigilance(警戒)付きクリーチャーのように運用できる可能性は見落としがち。
マナコストが大きい分、メリットも大きいので大いに活用すべき。

叙爵/Dub - MTG Wiki
平均的なAura(オーラ)。
対象をブロッカーとして運用すると、盤面が膠着して長期戦になるので、それで勝てるデッキなのかは気にして使用する必要がある。
対象をアタッカーとして運用するなら、馬上槍/Jousting Lance や赤のAuraやInstantの方が優秀。

冒険の衝動/Adventurous Impulse - MTG Wiki
追跡術/Tracking だ(ハースストーン脳)。
強力なカードをPick出来ていたら、それを掘り起こしにいけるので価値は上がる。

冷水カミツキガメ/Cold-Water Snapper - MTG Wiki
6マナとしては物足りないクリーチャーだが、Aura(オーラ)などで強化出来そうならHexproof(呪禁)が大きな効果を発揮する。

ヴォーデイリアの秘儀術師/Vodalian Arcanist - MTG Wiki
標準的な性能。

抜去/Divest - MTG Wiki
優先的に取るほどではないがドラフトでは高い確率でマナコスト1のカード1枚分以上の仕事をしてくれる。

突撃/Charge - MTG Wiki
コンバットトリックで使えるタイミングがあれば使ってしまう。
全体に効くとはいえ、しょせん1マナのカード。終盤まで引っ張っても大きな効果になるとは限らない。 

通電式召使い/Voltaic Servant - MTG Wiki
2マナ 1/3 実質 Vigilance(警戒)で、Historicシナジーになる便利なカード。ドミナリアの2マナクリーチャーで、これを超えるカードは実は少ない。
クルーグの災い魔、トラクソス/Traxos, Scourge of Kroog とのコンボだけではなく、パーディック山の放浪者/Pardic Wanderer あたりを実質 Vigilance にするだけでもかなり強い。 

パーディック山の放浪者/Pardic Wanderer - MTG Wiki
5/5 Trample(トランプル)というスタッツは結構優秀。
タフネス5という数字はドミナリアでは重要で、シヴの火/Shivan Fire で死なないほか、パワー2のクリーチャーに 馬上槍/Jousting Lance を装備させた相手にも勝てる。

カリゴの皮魔女/Caligo Skin-Witch - MTG Wiki
手札2枚放棄が丁度刺さることが結構ある。期待してデッキに入れるほどではないが。

小剣/Short Sword - MTG Wiki
ちょっと物足りない装備だが、Historic(歴史的な)カードになる。
パワーよりタフネスが多いクリーチャーが多いと評価は上がる。

暴れ回るサイクロプス/Rampaging Cyclops - MTG Wiki
赤メインでデッキを作るなら、4マナのクリーチャーとして頼りになる。

 

ブロンズ(平均より少し下)

魂回収/Soul Salvage - MTG Wiki
使い時がクリーチャーが死んでからなので、初期手札に来て役に立たなかったりと苦労が多い。

秘儀での飛行/Arcane Flight - MTG Wiki
1マナ相応の効果。冷水カミツキガメ/Cold-Water Snapper のようなバフのし甲斐があるクリーチャーをPick出来てから取りたい。

雑食のサリッド/Thallid Omnivore - MTG Wiki
トークンを生成するカードを多数Pick出来ているなら、2ランク上のカードと考えていい。
1Pack目でPickするのはどうかな。自分は上手くいった試しがない。

ウィンドグレイスの見習い/Windgrace Acolyte - MTG Wiki
墓地を利用する見込みがあるならPick候補になるが、そうでないなら弱いFlying(飛行)クリーチャーでしかない。
黒緑のトークン利用デッキだと貴重なFlyingクリーチャーという事になる。

エイヴンの歩哨/Aven Sentry - MTG Wiki
白の普通の飛行クリーチャー。
スタッツがちょっと物足りないFlyingクリーチャーをPickするというのは、早期のライフレースで勝利を目指す軽いデッキということになる。

ギトゥの年代記編者/Ghitu Chronicler - MTG Wiki
カードアドバンテージを得られるカードとはいえ、7マナを出せるようになるターンの遅さを考慮すると高い評価は付けられない。
大抵の場合は、Wizardシナジー目当てでPickすることになるだろう。

ギトゥの修士魔道士/Ghitu Journeymage - MTG Wiki
激情の怒り/Frenzied Rage や 猛り狂い/Run Amok で序盤から一気に勝ってしまう想定のデッキなら、このクリーチャーの2点ダメージは大きい効果を持つ。
それ以外のデッキでは普通。

激情の怒り/Frenzied Rage - MTG Wiki
Aura(オーラ)としては使いにくい方だが、アグロデッキになったなら当然Menace(威迫)が効いてくる。
手札が無くなるリスクを思うと、出来ればコンバットトリックで相手のクリーチャーを削りたいところ。

ベナリアの儀仗兵/Benalish Honor Guard - MTG Wiki
Legendaryシナジーはなかなか成立しない。Kinghtシナジーの方に価値を感じるならPick候補になる。

選択/Opt - MTG Wiki
インスタントとはいえScry(占術を行う)1では、他にいいカードが無ければPickする程度。

放射稲妻/Radiating Lightning - MTG Wiki
サイドボード用のカード。

残忍な異形/Feral Abomination - MTG Wiki
6マナのクリーチャーとしてはちょっと物足りない。

獣血蝋燭/Bloodtallow Candle - MTG Wiki
こんなのより普通の除去カードをPickしたいところだが、無ければこれをPick。

始源のワーム/Primordial Wurm - MTG Wiki
6マナのクリーチャーとしては物足りない性能。

ラノワールの斥候/Llanowar Scout - MTG Wiki
重いデッキを作るにしても、2ターン目に出して、3ターン目に4枚目の土地も手札にあって、という試合はそんなに無い。
出来れば他の色のもっと優秀な2マナクリーチャーにしたいところ。

演習用模型/Sparring Construct - MTG Wiki
Artifact(アーティファクト)にしては大分使いやすい能力だが、3マナ以降のクリーチャーが主戦力になるドミナリアで1マナのクリーチャーが必要なのかはよく考える必要がある。

工匠の助手/Artificer's Assistant - MTG Wiki
Scry(占術を行う)1は大きな効果ではない。
とはいえ空から相手のライフを削るプランが欲しいならPickする場合も大いにある。

炎の精霊/Fire Elemental - MTG Wiki
ダブルシンボルで5マナ 5/4 バニラは弱い方。

壊れた絆/Broken Bond - MTG Wiki
サイドボード用のカード

巻き戻し/Unwind - MTG Wiki
クリーチャーを止められないのはドラフトでは使いにくい。
サイドボード用のカードとしては悪くない。

神聖の発動/Invoke the Divine - MTG Wiki
サイドボード用のカード。

トレイリアの学者/Tolarian Scholar - MTG Wiki
弱いが、Wizard(ウィザード)シナジーを狙っているならPickする。

空を射抜く/Pierce the Sky - MTG Wiki
Flying(飛行)対策が少ないならPickを検討してもいいが、基本的にはサイドボード用のカード。

地震断層/Seismic Shift - MTG Wiki
多色の相手に対するサイドボードとして使える。

悪魔的活力/Demonic Vigor - MTG Wiki
このカードの代わりに、それなりの大きさのクリーチャーを場に出した方が普通は強い。
再度使いたいほど優秀なクリーチャーを2体以上既にPickしていたら候補になる。

新ベナリアの騎士/Knight of New Benalia - MTG Wiki
3/1 というスタッツは使いにくい。
Pickするなら、Flying(飛行)を付与する ペガサスの駿馬/Pegasus Courser や First strike(先制攻撃)を付与する 馬上槍/Jousting Lance のような相性のいいカードがデッキに欲しいところ。

白熱の一撃/Fervent Strike - MTG Wiki
赤でアグロをするなら使えるが、それ以外ではカードパワーが低すぎる。

ガイアの守護者/Gaea's Protector - MTG Wiki
使いにくいスタッツだが、4マナのクリーチャーとしてPickせざるを得ない場合もある。
相手にブロックを強要することから、赤緑で シヴの火/Shivan Fire が入っていて、相手の2, 3マナクリーチャーを吹き飛ばすプランがあるなどすると価値が上がる。

ベルゼンロックの祝福/Blessing of Belzenlok - MTG Wiki
コンバットトリック用のカードだが、タフネスの修正が +1 では相討ち止まりになってしまう事が多く使いにくい。悪意の騎士/Knight of Malice などFirst strike(先制攻撃)のクリーチャーが多ければ価値が上がる。

大将軍の憤怒/Warlord's Fury - MTG Wiki
アグロに組んだなら手札が減らないカードとして重宝する。
ソーサリーなので、先制攻撃をブロックするかどうかは相手が決めるわけでアグロ以外では1枚ドローを進めるだけになりがち。

クローサのドルイド/Krosan Druid - MTG Wiki
(デッキ依存)重量級のクリーチャーに頼るデッキになっているなら、ライフリソースの劣勢を跳ね返す切り札として使える。

ギトゥの溶岩走り/Ghitu Lavarunner - MTG Wiki
リミテッドで 2/2 になる条件を満たすのは相当あとのターンになる。アグロに組んでいる時以外は要らない。
Wizard(ウィザード)シナジーが欲しいなら価値は上がる。

陰謀団の福音者/Cabal Evangel - MTG Wiki
2マナ 2/2 バニラは弱い。とはいえ2マナクリーチャーがこれしかない場合も多い。
悪意の騎士/Knight of Malice が取れるなどして、軽いデッキに仕上げるなら 1/3 のクリーチャーよりもこっちがイイ場合が多い。

血石のゴブリン/Bloodstone Goblin - MTG Wiki
グルール(赤緑)で、緑のマナ加速とKicker呪文を集められているなら平均以上の働きをするが、それ以外では弱い。
とはいえ 1/3 より 2/2 を優先する場合はPickしていくことになる。

セラの信奉者/Serra Disciple - MTG Wiki
コンボ前提の性能で使いにくいが、白青の飛行で勝とうとする場合には使える。

秘宝を追う者/Relic Runner - MTG Wiki
ドラフトでコンボ前提の能力は弱い。ただ セラの信奉者/Serra Disciple のような軽い飛行クリーチャーを合わせて早期のライフレース決着を目指しているなら、1/3 スタッツのクリーチャーより優先して使える。先制攻撃を付与する手段があればもっと強い。

 

ビギナー(出来れば使わない)

スカークの探鉱者/Skirk Prospector - MTG Wiki
ドラフトで1枚カードを使ってまで赤マナを得る需要は無い。
出来ればWizard(ウィザード)シナジーを持つ ギトゥの溶岩走り/Ghitu Lavarunner や 味方を強化できる 演習用模型/Sparring Construct が欲しい。

灰からの成長/Grow from the Ashes - MTG Wiki
同じ3マナの、ラヴニカのギルドでの ロケット がそれほど強くなかったのにドロー機能も無いとなると使い道はかなり限定される。
どうしても色マナ事故を減らしたい、または重いデッキに仕上げたい、というときには使う。

航海士のコンパス/Navigator's Compass - MTG Wiki
色マナ事故を減らしたくて、かつArtifact(アーティファクト)を集めているならPick候補になる。

ラノワールの特使/Llanowar Envoy - MTG Wiki
どうしても色マナ事故を減らしたいときには使える。

エイスサーの滑空機/Aesthir Glider - MTG Wiki
スタッツが低い。どうしてもHistoric(歴史的な)カードを集めたいなら候補になる。

発掘象/Excavation Elephant - MTG Wiki
5マナ 3/5 ではDefender(防衛)としての役割しか果たせない事が多く、7マナのカードの能力としては物足りない。終盤になっても大きな効果を出すArtifact(アーティファクト)をPickしているなら候補になる。

パワーストーンの破片/Powerstone Shard - MTG Wiki
マナ加速として使えるが、バランスを欠いたデッキになりがち。

コイロスの守護者/Guardians of Koilos - MTG Wiki
Historic(歴史的な)カードを集めている場合でも、5マナの弱いカードをPickする価値があることは少ない。

ケルドの戦呼び/Keldon Warcaller - MTG Wiki
ほとんどの場合、取り柄のない2マナクリーチャー。

腐食軟泥/Corrosive Ooze - MTG Wiki
リーサルでもなければ装備品を付けたクリーチャーがこいつをブロックするはずもなく、装備品を破壊できるかどうかの判断は相手にゆだねる事になる。

陰謀団の聖騎士/Cabal Paladin - MTG Wiki
Historicシナジーで2点削るのが勝因になる事も無くはないが、それ目当てで使うほどの能力ではない。
ただ白黒Kinightデッキだと4マナのクリーチャーに良いのが少ないので使う事は多い。

酷役の歩哨/Drudge Sentinel - MTG Wiki
壁役を作るためだけに毎ターン3コストは重い。

高木の武装/Arbor Armament - MTG Wiki
+1/+1 によって 4/4 Flyingを倒すシナリオを描くならサイドボード用としてワンチャンPickする程度か。
あとFlying対策が他にない場合とか。

ホマリッドの探検者/Homarid Explorer - MTG Wiki
ドラフトでは要らない能力。ただ青の4マナクリーチャーは大抵これしかない。
他の色で代用できなければこれ。

ネズミの群棲/Rat Colony - MTG Wiki
リミテッドで使える能力ではない。

治癒の恩寵/Healing Grace - MTG Wiki
ドラフトでライフレースを意識したカードは必要ない。ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria をPick出来たから兎に角遅延したいとか、そういうレアケースでは使えるかも。

もの悲しい詩人/Tragic Poet - MTG Wiki
コンボ前提のカードは弱い。

救出/Rescue - MTG Wiki
(デッキ依存)場に出た時の能力がよっぽどよくないと、手札にこれを用意しておく意味が無い。

 

その他(パックから出ない)

紅蓮の巡礼者/Pyromantic Pilgrim - MTG Wiki

経時的策謀/Temporal Machinations - MTG Wiki

森林の地溝/Timber Gorge - MTG Wiki

曲がりくねる川/Meandering River - MTG Wiki